中学1年生
  • 講座の特長
  • 受講費と受講システム
  • 今入会すると届く教材
中学2年生
  • 講座の特長
  • 受講費と受講システム
  • 今入会すると届く教材
中学3年生
  • 講座の特長
  • 受講費と受講システム
  • 今入会すると届く教材
合格実績・通学校一覧
  • 合格実績
  • 通学校一覧
ご質問・ご相談入会のお申し込み無料体験教材・資料のお申し込み

〜今後の大学入試〜 2020年度大学入試(2021年1月実施)から、新入試へと変わります。

変わり続けている入試

子ども達がグローバル社会で活躍できる力を育てるため、入試のバリエーションが増えていきます。2020年度から本格的に始まる大学入試改革とは?

詳しくはこちら 詳しくはこちら

※この年表は、2016年3月時点での情報をもとに作成しており、実施時期などは今後変更の可能性がございます。

大学入試改革でより問われる「表現力・思考力」とは?

具体的な検討を経て、大学入試の抜本改革が行われます。
大学入学者選抜で問われる力を分類すると以下のようなイメージになります。現在「2次試験」と言われている個別学力検査は残り続け、各大学ごとに求める学生像にそった入試が行われます。

「知識・技能」「知識・技能を活用する力」「主体的に学習に取り組む態度」

「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」で問われる内容は、習得した「知識・技能」の確認にとどまらず、
「知識・技能を活用する力」、つまり総合的な「思考力・判断力・表現力」を問う検査になります。

現在→改革後

新入試改革の目玉「英語の4技能」とは?

グローバル化する社会では、「聞く」「話す」「読む」「書く」力、特に「話す」力では「発表する」力と「対話する」力の両方が問われます。つまり、「英語を使って何ができるのか」を問うのがこれからの英語学習なのです。

小学校英語→中学校・高校英語

※グラフはイメージです。

新学習指導要領以降の高校での英語授業のイメージ

中学生のうちから身につけておきたいこととは?

以上のような大学入試の英語における変化に向け、中学生のうちから身につけておきたいことは何か、「中教審教育課程部会外国語ワーキンググループ主査」の吉田先生におうかがいしました。

吉田研作先生 上智大学 言語教育研究センター長

これからの社会で求められる英語力とは?

英語の文法知識などを使いこなし、「自分の意図をきちんと相手に伝えられる力」が求められます。

これまでの日本国内の英語教育と言えば、いわゆる「ネイティブスピーカーの英語」が善しとされ、「発音」や「文法」などの言語学的観点に重きが置かれたものでした。

もちろん、それも大切ですが、グローバル化が進み、身近で異文化に接することも飛躍的に増した昨今では、英語を道具としてうまく使いこなしながら、「交渉していく力」「自分の気持ちを伝えていく力」といった、他者とのコミュニケーションを円滑に進められるようになることがより重要です。

自分の意図をきちんと相手に伝えられるようなコミュニケーション力を鍛えながら、そのコミュニケーションを通じて、言語学的観点としての正確な英語力が身についていくことが望ましいでしょう。

中学から意識しておきたい英語学習のポイントとは?

英語の基礎を固めながら、今のうちから英語を「実際に使ってみる経験」をしてみましょう。

2018年度から新学習指導要領の移行措置が始まります。これからの中学校の授業は、さらにコミュニケーションを重視した実践的な内容となっていくことでしょう。今の中学生が大学受験をする頃には、英語の4技能のうち「聞く・読む」だけでなく、「話す・書く」まで問われるようになるでしょう。「使える英語」を身につけていくためにも、今のうちから「実際に英語を使ってみる経験」を増やすことが大切です。具体的にはできるだけ英語でコミュニケーションをとることですが、例えばご家庭で英語の映画や動画を字幕なしで見て内容を理解する練習をしたり、それに対する自分の意見を英語で言ってみるなどの練習も効果的でしょう。

その一方で、文法などの言語学的な基礎をしっかりと身につけることももちろん大切です。授業の予習・復習をしっかりしながら、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つのどの面も大切にして学習してください。

英語を学ぶうえで、最も大切なこととは?

「英語でコミュニケーションしたい!」というモチベーションが大切です。

英語学習は、子どもが言語を覚える手順と同じです。子どもは何となく「親はこんなことを言っているのかな」と考えながら、親も「子どもはなんとなくこんなことを言いたいのかな」と考えながら、そのあいまい性の中からお互いに理解できるようになってきます。今の学校教育における英語学習は「あいまいさ」ではなく「正確であること」が求められがちですが、ディベートやスピーチでは、正確さよりも言いたいことをいかに相手に伝えられるかが重要視されます。「言ったけれども通じなかった」ということに気づくことで、はじめてその原因が単語にあったのか、文法にあったのかを考えます。そしてその体験を通じて覚えた英語や文法は忘れないでしょう。

このように気づき=知的ギャップ(言いたいのに言えない)を経験することが、英語学習では大切になってきます。知的ギャップを埋めるためには、最初にコミュニケーションが必要です。コミュニケーションがないとギャップに気づくことさえできません。ギャップに気づけるようなコミュニケーション体験を多く持つことが英語力をさらに高めることになるのです。

家庭学習における英語学習で大事にすべきことは?

授業の英語でのコミュニケーションで活躍できるよう、予習型の学習スタイルを身につけたいですね。

中学での授業が実践的なコミュニケーションを重視するアクティブ・ラーニングが中心になると、英語の知識を身につけたり、定着させるための学習については、おのずと家庭学習が担う役割が大きくなると思います。他者と一緒に話す機会を得られる授業で活躍するためにも、授業内容を予習しておく学習スタイルを身につけたいですね。

最後に、英語を学ぶ中学生に向けてメッセージをお願いします。

英語を楽しんでください。

英語は本来、自由で楽しいものです。めざす夢や目的に向かって英語を使っていけるように、楽しく英語を学んでいってください。

新大学入試で通用する英語力を養うには?

では、2020年度から変わる新大学入試で通用する英語力を養うにはどうしたらよいのでしょうか。
進研ゼミ「中学講座 中高一貫」では、今までの英語学習の中心であった「覚えた単語や文法をそのまま使う問題」のほか、「想定される場面の中で伝えたいことを考え、表現する問題」を多く取り入れた教材をご用意しています。

中1生向け教材<講義Challenge ><演習Challenge>中2生向け教材<Challenge>

よくあるご質問・お問い合わせ

中高一貫校生の授業・定期テストをサポートする中高一貫講座の入会受付中!

  • 無料体験教材・資料のお申し込み
  • お友だち・ごきょうだい紹介制度
  • 入会のお申し込み
一番上に戻る

会員向けページへようこそ

ご利用されるかたはどちらですか?

会員のかた
進研ゼミ中学講座ご受講のかた進研ゼミ中学講座 中高一貫 中1ご受講のかた 進研ゼミ難関私立 中高一貫 講座 中2・中3ご受講のかた
保護者のかた
進研ゼミ保護者通信

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-933-599 受付時間:9:00~21:00(年末年始を除く) 通話無料 音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みの商品・サービスの提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関する ご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービ ス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い 合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924-721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

  • よくある質問をみる
  • お近くのベネッセで相談
  • 勉強法について相談する

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-933-599 受付時間:9:00~21:00(年末年始を除く) 通話無料 音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みの商品・サービスの提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関する ご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービ ス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い 合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924-721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

中高一貫講座へのご入会は
お電話でのみ受け付ております。

お電話の前に必ずご確認ください

中高一貫講座へのご入会・ご相談(通話料無料)0120-933-599 受付時間:9:00〜21:00(年末年始を除く)

※音声ガイダンスでご案内いたします。

※「中高一貫講座の申し込みをしたい」と窓口でお申し出ください。

※しめ切り日直前はお電話が混み合う場合がございますので、なるべく早めのご連絡をお願いいたします。

※ご案内コード「731DAA」をお伝えください。

※一部のIP電話からは042-679-8185へおかけください(ただし通話料がかかります)。

※間違い電話が増えておりますので、電話番号をよくお確かめのうえ、必ず保護者の方がおかけください。

進研ゼミ ハイブリッドスタイル 利用環境条件

「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」はお手持ちのiPadでご利用いただけます。

対応機種
iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Pro(9.7/12.9インチ)
通信環境

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。
ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。

体験版の推奨環境