志望校に合格できる力がつく6つの理由

志望校に合格できる力がつく理由1

全国の入試問題を丁寧に分析。徹底して県別の入試傾向に合わせた“47都道府県別指導”。

県ごとに入試傾向は大きく異なります。
だから、"47都道府県別の入試に出やすい問題"を厳選した問題集で、最短ルートで得点力を身につけられます。


  • 毎年、全国の
    入試問題を収集。

  • 経験豊富な分析のプロが、
    県別のよく出る傾向を分析。

  • 過去3年の出題傾向から入試に
    出やすい都道府県別問題集を作成。

47都道府県で異なる入試傾向

公立高校入試問題出題割合(英語)

東京都と大阪府の入試を例に比べてみると、
大阪府の入試は「長文読解」としつつも
4分野から出題しているのに対し、
東京都の入試は文法を含まない3分野の出題で、
多くを「長文読解」に割いて出題しています。

このように都道府県で入試傾向は異なるので、東京都の入試傾向に合った
対策を行うことが最短でより確実に合格に近づける方法となります。

受験Challenge※1

受験Challenge

47都道府県別にお届けする教材

実際の入試問題で実戦力を鍛える<受験Challenge>※1で、
47都道府県別の入試傾向に合わせた対策ができるので
最短ルートで得点力を身につけられます。

<受験Challnege合格への入試予想問題>の見本を見る

  • ※1 <受験Challenge>は毎月お届けします。
  • ※2 47都道府県別にお届けするのは2月号までです。

ページの先頭に戻る

志望校に合格できる力がつく理由2

志望校別の合格に必要な力を逆算。入試までに志望校合格ラインに達する得点力がつく“志望校レベル別指導”。

志望校ごとに合格点は異なります。合格ラインから逆算した、時期別に必要な力がつく“3コース別の指導※1”で、
入試まで計画的に、合格ラインに達する得点力を積み上げられます。

同じ単元でもコースごとに学習内容を変えています

  • 公立高校合格の基礎力を積み上げる!受験総合コース

    出題割合:
    基礎8 応用2

    基本的な内容を確認しながら、応用問題では詳しい説明で、着実に実力を積み上げられます。

  • 難関高校入試突破の応用力をつける!難関挑戦コース

    出題割合:
    基礎6 応用3 難問1

    つまずきやすいところを集中的に対策しながら難関校合格に必須の応用問題まで解ける力が身につきます。

  • 最難関高校合格を目指す!最難関挑戦コース

    出題割合:
    基礎6 応用3 難問1
    プラスして最難関対策2

    応用問題・難問を中心に演習し、難問まで完答できる力が身につきます。

  • ※1 コース別にお届けする教材は、『中三受験講座』の3つの対策(「授業対策」「定期テスト対策」「入試本番対策」)のうち、「入試本番対策」用の教材のみ。「授業対策」「定期テスト対策」用の教材は、引き続き、教科書タイプ別(英・国のみ)でお届けします。最難関挑戦コースは、難関挑戦コース用教材にプラスして、同じ受講費で、最難関対策教材をお届けします。
  • ※2 ここで掲載している見本は<受験Challenge>4月号のコース別誌面となります。

コースは間に合うところからいつでも変更可能です。
お申し込み時、コースにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

受験Challenge

受験Challenge

志望校レベル別にお届けする教材

毎月お届けする受験対策教材<受験Challenge>は47都道府県別に加え、志望校レベル別※3
毎月自分の志望校レベルに合わせた対策ができます。

9〜12月号は実際の入試過去問で実戦力を鍛えます。
1〜3月号は入試本番であと1点を伸ばす直前対策。

47都道府県別×志望校レベル別の対策で、入試までに志望校合格ラインを突破する得点力をつけられます。

<受験Challnege合格への入試予想問題>の見本を見る

  • ※3 47都道府県別×志望校レベル別にお届けするのは2月号までです。3月号は共通となります。

ページの先頭に戻る

志望校に合格できる力がつく理由3

志望校と自分の実力との距離を測り、ニガテを発見する“実力判定”。

受験勉強はただやみくもにやるだけでは非効率的です。自分の実力を知ることで、
志望校合格に向けて今後やるべきことが明確になり、効率的な対策ができます。

合格可能性判定模試

合格可能性判定模試

11月には全国17.1万人※の受験者数の<合格可能性判定模試>で、
第4志望校まで合格可能性を測ることができます。

また単元ごとのニガテもわかるので、
入試までにやるべきことが明確になり、伸びるスピードも格段にあがります。

<合格可能性判定模試>の見本を見る

  • ※2013年度の進研ゼミ『中三受験講座』における4,8,11月号の<合格可能性判定模試>提出者ののべ人数です。

ページの先頭に戻る

志望校に合格できる力がつく理由4

つまずいた問題の解き方が理解できる、「わかりやすさ」にこだわった“講義解説と映像授業”。

入試レベルの問題は「わからない」と手がとまりがち。受験生のつまずきを知り尽くしている
『中三受験講座』の"講義解説と映像授業"なら、わからないところが「わかった!」を実感できます。

受験Challenge講義ページ & 受験Challenge連動映像授業

受験Challenge講義ページ & Challenge連動映像授業

入試問題を解く思考プロセスがわかる"講義ページ"を用意。
穴うめ式なので自分の理解度を確認しながら取り組め「わかった!」を実感していただけます。

それでも手が止まりそうな問題には、"映像授業"を用意。
プロ講師の解く過程を省かない丁寧な指導なら
難しい入試問題も「わからない」で手が止まることはありません。

<受験Challnege>の見本を見る

<映像授業>を体験する

※1 志望校レベル別 ※2 映像授業の注意事項について

ページの先頭に戻る

志望校に合格できる力がつく理由5

よく出るところをテストに出る形で演習。自宅で9教科の効率テスト勉強ができる“内申点対策”。

部活・受験勉強で忙しい中3生。9教科の定期テスト勉強は、自宅で効率的に行いたいもの。
「よく出るところを出る形で演習」の定期テスト教材で9教科で高い内申点がねらえます。

定期テスト必勝シリーズ※2

定期テスト必勝シリーズ※2

〈定期テスト必勝シリーズ〉は内申点UPに役立った!と答えた先輩 82.3%

実際のテストを約2.3万件収集し分析した定期テスト教材は、
「よく出るところだけ」「出る形」に絞った対策ができます。

テストの点に直結する対策だから、
忙しい中3生でもムダがない効率的な対策ができます。

<定期テスト予想問題集>の見本を見る

※1〜4 <定期テスト必勝シリーズ>に関する注意事項ついて

ページの先頭に戻る

志望校に合格できる力がつく理由6

入試制度から進路のお悩みまで、進研ゼミの専門家集団のサポートで確実に解決“受験情報・進路サポート”。

保護者の方向けの情報誌や、お子さまの受験する都道府県の入試制度を熟知した
進路専門アドバイザーによる"進路個別相談ダイヤル"で、迷いなく安心して「進路決定」ができるようにサポートいたします。

保護者の方向け情報誌・進路個別相談ダイヤル

保護者の方向け情報誌・進路個別相談ダイヤル

保護者の方向け情報誌では、受験校の決め方や入試に向けてご家庭で準備すべきことなど、受験がはじめての保護者の方にもわかりやすくご説明します。

さらに「○○県の入試制度って?」「□□高校は、うちの子の成績で合格できそうか?」
「○○県の入試に内申点はどれくらい影響するの?」などの個別のお悩みにも、
各都道府県の入試制度を熟知した「進研ゼミ」の進路専門アドバイザーがお電話でおこたえします。
年間を通じて、いつでもご利用いただけます。

ページの先頭に戻る

進研ゼミの合格ノウハウのつまった『中三受験講座』が、お子さまの志望校合格を全力でサポートいたします。

今入会すると届く『中三受験講座』10月号ラインナップ

  • 秋からの本格入試対策に必須!都道府県別の最新入試傾向分析に基づき厳選された「入試予想問題」に取り組めるゼミ渾身のメイン教材。

  • 中学3年分の基礎をぎゅっと凝縮した、受験生に大人気の進研ゼミオリジナル教材。

  • 受験生の中でもニガテにしている人が多く、入試で差がつきやすい英語・数学の難単元を得点力に変える対策をお届け。合格につながる「記述力」も赤ペン先生の添削指導でしっかり伸ばせます。

お届けする教材の見本一覧を見る

10月号の最終しめ切り日は
10/15(水)
  • ※22時送信完了分まで当日扱い

入会の申し込み

毎月5教科そろって
卒業までの6ヵ月分一括払いの場合の
月あたりの受講費
6,058(税込・消費税率8%)
  • ※ただし、中3・3月号まで受講されなかった場合は異なります。
  • ※1ヵ月のみのご受講はできません。
  • 5教科 ※2
  • 入会金0円
  • 2ヵ月から受講OK ※1
  • お支払いは教材が届いてから

ページの先頭に戻る